交換する場所の口金サイズの確認

寿命の長さや明るさなど数多くメリットがあるLED電球の需要が増加しています。自宅の電球をLEDに交換する時に気を付けなくてはいけないのが口金のサイズです。一見どれも同じように見えますが、日本では口金の直径は11mmから26mmまで数種類に分かれています。サイズが合っていなければ通電しないので照明は点きません。極稀にサイズが違っていても点くことはありますが、そのまま使っていると接触不良による漏電などのトラブルが起こるケースもあります。購入前に口径を確かめてジャストサイズを選ぶ必要があります。

場所に合わせた明るさ選び

一口にLED電球は設置する場所によって最適な明るさが異なります。とにかく明るければ良いと何も考えずに購入してしまう人も少なくありません。家の中には玄関など通常より暗めの方が適している場所も多くあります。全て同じ明るさで統一してしまうとメリハリがなくなってしまうので強調したい場所との境目は落とすといった工夫が必要です。

電球から発せられる光の色

日本で使用されているLED電球は大きく電球色から昼光色まで5つに分かれています。オレンジの温かみのある電球色はリラックス効果が得られるのでリビングを始めとしたくつろげる場所に最適です。白っぽく青みがかった昼光色は脳の覚醒を促し集中力を高める効果が期待できるので勉強や仕事をする部屋に合っています。目的に合わせた色を選ぶこともLED電球を購入する時の大事なポイントの一つです。色の選択に迷った時は自己判断で決めずに店員など専門知識のある人に相談することで失敗を避けられます。

表示面全体がまんべんなく明るく光っているledパネルは、飲食店やショッピングモールなどの看板として集客に活用されています。