モバイル対応の必要性について

どんなに美しいウェブサイトを作成して、コンテンツを充実させたとしても、それが誰の目にも触れないのであれば全く意味がありません。ウェブサイト作成の目的は「多くの人に見てもらう」ことにあります。もちろんSEO対策を施して、検索画面でより上位にヒットするよう工夫を凝らすことも大切で、有効なキーワードを効果的にサイトに組み込み、サイトタイトルやディスクリプションに自然な形で組み込んでいくことで、検索結果を徐々に上げていくことが期待できます。ところが検索結果で上位にランキングされても、そのサイトがスマートフォンなどのモバイル機器での閲覧に最適化されていないなら、サイトを訪れてくれる人の数が増えていく可能性は低くなってしまいます。

モバイル最適化の方法

デスクトップで見ると美しいサイトでも、スマートフォンなどでは表示が崩れてしまったり、タップやスワイプといったスマートフォン独自のアクションに上手く対応できていないと、「見辛いサイトだな」という印象しか持ってもらえず、再訪問を期待することはできません。そのため、モバイルとデスクトップを自動的に振り分けて、自動的に最適表示をしてくれるよう、サイトは「インタラクティブデザイン」で作成することがオススメです。またスマートフォンなどのモバイル機器では屋外でサイトへアクセスする人も多いと想定されるので、4G回線での読み込み速度にも気を配らなければなりません。データが重く時間がかかってしまうのでは、サイトを開く前に離脱されてしまいます。動画や音楽などのデータはできる限り使用しない、もしくは必ず圧縮するなど、ひと手間かける必要があります。

ホームページ制作をするには専用制作ソフトを購入することで、プログラミングの知識がなくても簡単に行えます。